2014年04月14日

Before・アフター No.124

DSCF8624集合800x600.jpg
4月9日(水)、天気は快晴。最高気温は22度。作業するにはもってこいの陽気である。今日はライオンズクラブの奉仕作業で、福智山登山道・薙野休憩所のテーブル・ベンチの設置作業があった。2時間チョッとの睡眠時間で7時に起きて登山道入り口に9時に集合。

 本日、作業される建設会社の方たちと、ライオンズの会員 総勢14名で薙野の休憩所まで登って行く。途中3カ所ほどスリップしたりスタックしそうになりながら、なんとか目的地に到着。私たちが着いた頃にはもう作業は始められていて、築20年以上はなると言われている古くて壊れたベンチが取り壊されていく。私は何の戦力にもならないので邪魔にならないように作業の様子をカメラで写していく。クラブの男性陣はダンプカーからテーブル・ベンチの木材を2人掛かりで肩に担いで降ろしている。枕木ほどの大きさだから、かなりの重量のようだ。

 同時進行でベンチやテーブルの脚を撤去するのにスコップなどを使って掘り起こされていく。山の中腹での作業のため機械が使えず全て手作業である。木材を降ろし終えたダンプカーに今度は廃材を積み込んでいく。作業は二手に分かれテーブルの組み立て作業と、テーブル・ベンチを据えるための穴掘りが進められる。見ていてこれは素人には無理だナと思った。頃合いを見て私は弁当を取りに下山。クラブの会員である“しまや”さんで弁当を受け取り現場へ。皆で車座になってワイワイ言いながらの昼食となる。目の前の葉桜になりかけた桜の老木からハラハラと花吹雪が舞い、「これで酒があれば花見になるのに」といった風情であった。昼休みもほどほどに作業再開。

 掘った穴の中にベンチ→テーブル→ベンチの順に据え付けていく。組み立て上ったテーブルは6人掛かりでやっとといった重量で、足元の悪い坂道を運ばなければならない。鉄筋を立て水糸を張り水平器を使って向きや高さや水平を合わせていく。こっちが良ければあっちが合わず、位置が良ければ水平があわずで、最初のテーブルはかなり手間取っていた。セットが終わったテーブルの脚元は、下の東屋で練られたセメントを一輪車でクラブの皆さんが押し上げていき、固められた後スコップで土が埋め戻されていく。2つめのテーブルも同じ手順で据え付けを行い、こちらの方は2度目ということもあって作業はスムーズにいったようだ。

 作業をしている場所が登山道の脇にあるため、下山してくる多くのハイカーから声を掛けて頂きました。その度に、設置に至った経緯などを話し、皆さんからは労いの言葉や、お礼の言葉を返して頂きました。「やってよかった〜」という喜びが湧いてきます。東屋の中のベンチも出来上がり、道具を片付け周りの清掃を終えたのが4時前でした。

DSCF8235並ぶ中間左349x262.jpg DSCF8606並べて中間右350x262.jpg
 新しく出来上がったベンチに座って記念の集合写真をパチリ。本日の作業を痩身に鞭打って頑張って頂きました、クラブ会員である相互建設の石田社長を始め、社員の皆様お疲れさまでした。お蔭様で素晴らしいテーブルとベンチが出来上がりました。福智山や鷹取山に登山する皆様の憩いの場になると思います。私もこれからこのテーブル・ベンチを見る度に、本日の作業を思い出すことでしょう。下山して、疲れた体に鞭打ってパソコンに写真を取り込んでいると、現在オーストラリアを旅行中の次男坊からメールがあり、作業している写真を付けて返信。今日の作業の様子が8000Km離れたオーストラリアに飛んでいきました。

 翌日(10日)午後から、市内山辺にある直方城址の石碑の文字の修復作業に行ってきました。これも昨日と関連した奉仕作業で、建てられたのが1973年ですから40年も前のもので、彫り込んだ文字が薄くなっていたための修復でした。白と黒の水性塗料と筆をクラブの会員である松村塗料商事からドネーション(無償で提供)して頂き、2時間後には見事に復活いたしました。どちらの作業も私の人生の1ページを飾る出来事だと思います。
改めて写真を並べて見ると、また喜びや感動が蘇ってきます。
DSCF7924並べて下左349x466.jpg DSCF8634並べて下右350x466.jpg
posted by ochiyo at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93091726

この記事へのトラックバック