2012年12月18日

師走になりました(No118)

DSCF7383.jpg

12月は1年の終わりの節目の月です。「大祓い」という
行事もあり、1年の罪・咎(とが)・けがれや不幸を全部流して、
新しい年を迎えるための総決算をする月なのです。今年も残す
ところ3週間となりました。71年前の今日(8日)は太平洋
戦争開戦の日である。若い世代に12月8日は何の日と質問する
とビートルズのジョンレノンが暗殺された日と答えが帰ってきた。
記憶する事柄にも世代交代の波が押し寄せているのだろうか。

師走に入って祝い事や弔い事などが続く。祝い事はライオンズ
クラブのIさんとNさんの会社で、同じ糸島でリニューアル
オープンがあり、Iさんの所はクラブの持ち出し委員会で伺い、
Nさんの所へは伺う時間がなくて、連名でお祝いを届けた。
8日の昼からは、鞍手斎場で柴田鞍手町長の葬儀に参列した。
役場でお会いした時に「体調が良くなったら顔を出すから」と
仰っていたが叶わぬこととなってしまった。任期半ばの74歳は
早すぎる逝き方ではないだろうか。広くない斎場に多くの弔問客
が参列し、最後まで立ちずくめのお年寄りには気の毒であった。
強い北風が吹く寒い日の葬式であった。

この1週間、寒波の襲来で寒い日が続いている。日曜(9日)
にはついに雪が舞った。金・土曜と忙しく働き、いつもであれば
サウナで鋭気を養うというのがいつものパターンであるが、
昼過ぎからお店のスタッフ2人と共に、Y子さんのお見舞いに
出掛けた。明日が手術と聞いていたので、その前に励ましに
行こうとなった次第なのだ。私たちが顔を出すと、彼女は泣き
出さんばかりに喜んでくれた。時間も忘れて話し込んでしまった。
気が付くと病院の食事の時間となっており、「受け取れません」
という手にお見舞いを握らせてお暇(いとま)した。帰りに
簡単な食事をして家に帰ったのは8時近かった。別れ際に
「私たちの忘年会になりましたネ」の言葉に、最近忙し過ぎて
ミーティングの時間もとれてなかったことにチョッピリ反省。

12月は忘年会のシーズンである。早いところは11月の
終わり頃から始まる。昨日(7日)もある会社の忘年会があり、
50人からの接待であった。前日から仕込みに入り、当日は
総動員で18時半開始にむけて準備に追われる。乾杯の音頭
から始まり最後のフルーツを出すまでフルの戦闘モードなのだ。
2次会、3次会までお店を利用していただき、有り難いことだと
感謝しております。社長をはじめ幹部の方のご挨拶を伺って
いますと、自信に満ちていて元気のいい会社であるということ
がよく判りました。

ここまで書いて10日が経過してしまった。入れ替わり立ち
替わり、毎日のように用事が出てくる。仕事とこの用事を
こなすのが精一杯で、自分の時間が摂れない。よって、作文が
書けないという図式になっている。16日の衆議院選挙の投票日
には中学時代の打ち上げ忘年会がお店であり、休日返上で対応
する。

今日(18日)、嬉しい知らせが届いた。Y子さんから退院の
知らせが。手術は成功してすぐに退院の予定であったのが、
経過が思わしくなく1週間遅くなってしまった。ここから又、
1週間経過。お店の忙しさとその他の用事が重なって、どうして
もパソコンに手がのびない。12月の初めに仕上げていなければ
いけない文章が“往く年来る年”のようなものになってしまい
ました。

昨日はクリスマスイブ。私の年になるとサンタさんは縁がない、
はずなのですが、毎年私にもプレゼントを頂くのです。サンタ
さんからのメッセージカードに「良い子のところにサンタさ
んは来るよ」と、書いてありました。ヒョットしたら隣の煙突
と間違えて配達されてしまった?。
posted by ochiyo at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61034551

この記事へのトラックバック