2012年11月22日

今日は何の記念日(No115)

お店の開店準備をしていて、リモコンを操作してカラオケの
モニターを点けた時、いつもなら気にも留めない画面の
テロップに“禁煙の日”というのが流れた。何日だろうと
見ていると22日禁煙の日と出た。してそのこころは?と
見ていると、数字の「2」を白鳥(スワン=吸わん)に
見立て「22」で「吸わん吸わん」との語呂合わせからと
流れてきた。

11月22日には「良い夫婦の日」というのが一般的に
知られている。他に何かないかと調べてみるとあった。
“ショートケーキの日”というのが。これは一捻りも二ひねり
もしてある。クイズに出てきても正解はないだろうという
ようなものだ。カレンダーで22日の真上には15日があり、
ショートケーキの上には苺(15)が乗っていることから。
いつものことながら誰が考え出すのやら。

記念日というものを考えてみると、大は祝祭日から小は
ローカル・プライベートに至るまでどれ程あることやら。
夫婦・親子や恋人同士にも其々に記念日はあるだろう。
11月19日は次男剛士の28歳の誕生日であった。
2年前の2010年11月17日のブログに“Happy Birthday
to you”というタイトルでバースディメッセージを書いている。
読み返してみると、ジャガーズ(硬式野球)時代のバッター
ボックスに立つ剛士の写真(凛々しい)や、4歳のピアノを
弾く写真(可愛い)と共に子育ての思い出を綴っている。

今年は忙しさにかまけてメールも送っていない。どこそこから
「金使わんのなら気ぐらい使わにゃネ〜」と批難の声が
聞こえてきそうだ。10日ほど前には京都から孫たちが
里帰りしてきた。あんなこんなで気を使う事をやりすぎて、
只今サービスは品薄となっておりますので今しばらくお待ち
ください。私たちにはいつも気を使ってもらっているのに、
一方通行は良くないネ。

改めて“良い夫婦”とは何ぞやと考えてみた。この記念日は
1988年から始まった行事で、二人の時間を大切にする日
だそうだ。母の日・父の日・敬老の日・子供の日とあるから
夫婦の日もとなったそうで、知らなかったが孫の日(10月
第3日曜日)まであるのだ。夫婦円満の為に必要なことの
第1位は「よく会話する」という結果が出ている。このことを
我が家に当てはめてみると、よく会話するほうだと思う。
只、若い頃から世間話や井戸端会議的な話になると、黙って
席を立っていた。最近では随分と丸くはなったが、会話の中で
段々喋らなくなってくるから「アァ、そろそろこの話題はヤメ
時だ」と察知して方向転換を図るようにしている。会話の中で
妻が夫に求めるものは、自分の思いや感情を理解してくれ、
その理解を示す言葉が欲しいのだ。妻に贈るべきものは、
愛情のこもった言葉であり、夫が妻へプレゼントすべきものとは、
日常生活の中での「思い遣り」なのである。

こういった議論になると、卵が先か鶏が先か、Give and takeか
テイク&ギブかとなって、「それを言うならそちらから」と
返されそうである。なので、長い時間を掛けて少しずつ矯正
していくのだ。、将棋と一緒でアーくればこう指すといった
具合で、相手は意地っ張りだからその性格を逆手にとって、
「そこまで言うのであれば意地でも直す」という言質(げんち)
を取ればこっちのもんで思う壺なのである。

夫婦とは、摩訶不思議な関係で、良くなればこれ以上の物は
ないと言う位、幸福満杯なのだが、一旦悪くなれば手の付け
ようのないくらい最悪の状態に陥る。生まれも育った環境も
違う二人が一つ屋根の下で暮らしていくのだ。何も無い方が
おかしい。家人が若い頃から言っていた。「人は別れたくなく
ても死に別れという別れがある。だから俺は生き別れはせん」と。
姉に言わせると、人相は悪い、根性は悪い、愛想は無い、よく
やっていくね〜。おっしゃることには納得ですが、私にさえ良け
れば多くを望みません。破れ鍋に綴じ蓋。これ以上の相性は
ございませんことョ。オ〜ホッホホ〜。
posted by ochiyo at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60224637

この記事へのトラックバック