2012年10月30日

日本舞踊とコスモスと鷹取山(No113)

1_DSCF7312.jpg

27日から3日間にあった出来事である。土曜日(27日)は
朝から雨がパラつく生憎の空模様であった。12時から飯塚市に
あるコスモスコモンに於いて、ライオンズクラブのYさんの日本
舞踊の初舞台というのでチケットを2枚頂いていて、家人と
二人で出掛けた。

開演15分前に着く。私は最前列に陣取ったが、踊りにあまり
興味がないのか、家人は中段のビデオ撮りしている横の席に
座った。約2時間、下は4歳から上は84歳までの踊りを
見せてもらった。日本舞踊をやっている友達に声を掛けられ、
踊りを見に行くことは多いのだが、今回はレベルも高く、
舞台の仕掛けもしっかりしたものであった。終演後の楽屋を
訪ね「初舞台とは思えぬ出来でした」と言うと、「アガリま
した」
と謙遜していた。帰りの車中や昼食のステーキを食べながら
の会話の中で、「2人で踊った左は美人であったが、踊りは
右の人が上手であった」とか、「4歳と6歳ではこれ程の
進歩があるのか」、「女踊りより男踊りのほうがいい」などど、
家人が以外とシッカリ見ていたことが伺え、亭主も捨てた物
ではないなと、感心し直したしだいです。

翌28日の天気予報は朝方まで雨が残り、午前中は曇り、
昼からは晴れというものであった。予定としては午前に
方城町のコスモス祭りにスタッフと顔を出し、昼から鷹取山に
登ろうというアウトドアーの行事予定であったから、天気が
気になっていたのだが、予報どおりとなり一安心。

10時半に現地集合で出掛けたのだが、去年の場所に行くと
何もない。探すと500mほど先の田んぼに沢山のコスモスが
見えた。去年は開花のタイミングが悪くあまり咲いていなか
ったが、今年は満開である。担当のIさんに話を聞くと、
「種を播いた後の雨が幸いした」という話であった。この
コスモス祭りは、つい1カ月程前に農作業の最中にトラクター
による事故の為、亡くなった元方城町町議のKさんのご尽力で
始まったもので、もう10年を超すお祭りとなって定着して
いる。テントの中のオニギリを売る場所にKさんの写真が飾ら
れていた。挨拶すると、息子さんと娘さんという。写真に皆で
手を合わせ冥福を祈った。事故さえなかったら元気なお顔を
拝見出来たのにと残念でならない。

2_DSCF7324.jpg

皆と別れ、ヨーコさん親子と鷹取山練習登山へ。家人以外は
「登れるかしら」と自信がない。恐る恐る薙野の休憩所を目指
して登山開始である。風は冷たいのであるがすぐに汗ばんで
くる。いつもと変わらぬ時間で休憩所に到着。意外と疲れて
いない。それから途中の岩場で1回休み、上野越え、鷹鳥山頂上
へと順調に登れた。ヨーコさんたちも予想外に元気よく登れたと
喜んでいて、来週の本番に向けて自信が付いたようだ。下山は
例の如く私が先頭で、スズちゃんと2人で大手を振りながら、
ヨーコさんたちに構わず早々に山を降りた。

お腹が空いたのでみんなで小倉の剛士が勤めるお店に焼肉を
食べに行く。腹一杯お肉を食べていざ支払いの段になって
ウエストポーチに入れていたお金がないのだ。よその店で
なくて良かった。剛士に話して払ってもらう事に。「つい何日
か前にオトンとオカンに小遣いやったやろ。新手のオレおれ
詐欺かいナ」と皮肉られた。

帰って布団に入って何処で失くしたか考えるのだが、山頂しか
思い浮かばない。家人を起こし、「明日も鷹取山に登ろう」と
言うと本人は自転車のつもりでいるから返事を渋る。私の方は
雨に備えて月曜を予備日にとって予定を入れていなかったので、
ヤル気マンマンである。渋々承諾させて就寝。朝5時から弁当の
用意をして8時に出発。連チャンの山登りは初である。今日は
下の駐車場に止めて出発。時間が早い分昨日より寒い。昨日と
同じく元気よく山頂へ。思い出しながら昨日の動線を辿って
財布を探す。半ば諦めかけた時に家人が見付けてくれた。
嬉しくてお弁当の美味しいこと。

下山する道すがらキッチリ説教された「あなたは安全や危機
管理などの管理能力に欠ける。落とすな、失くすな、盗られるな、
騙されるな、なまじ金をもつな。」お説ご尤もでございます。
以後、気を付けます。無い金は落とさんもんナ〜。
3_DSCF7329.JPG
posted by ochiyo at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59659827

この記事へのトラックバック