2012年10月13日

色々な秋があります(No112)

iroirona_aki.jpg

前回の諸九尼が重たかった。突然、私の目の前に現れて
半月ほどそれ一色になっていた。これを書き終えてから
文を書く気になれない。このところパソコンは開くものの、
事務的な処理だけでワードには近づかない。思考が停止して
いる状態と言おうか、自分では月に3つは書きたいと考えて
いるので、10日を過ぎてそろそろ何かをと思い、取り敢えず
頭の中に浮かんだ文字を並べていく作業をやっている。

この2〜3日は初期の頃のブログを読み直していた。いつもの
癖でデータ取りをしてみた。“お店の名前の由来(2008/
6/18)が第1回である。ここまで111の話を書いている。
思い返せば、パソコンの技術が稚拙なため、最初の頃は短い
ものが多い。最近のものと比較すると1/3程度であろうか。
写真も載っていない。時には何カ月も空いている時もある。
文章が書けない精神状態であったのだろう。ジャンルも多岐に
亘っている。タイトルを見ながら摘み読みをしてみると、
懐かしさやその時の思いや考え方が見えて、笑えたり、
涙したり、我ながら感心したり、ブログを書いて良かったと
今更ながら思う。

私の夢の一つに、喜寿を迎えられたらその記念に、このブログ
の記事をまとめて自費出版し、これまでお世話になった皆様に
読んで頂きたいと思っているものがある。自分史というほど
大それたものではなくて、その時に体験したことや、目にした
もの、世の中で起こったことなどを綴って回を重ねてきたものだ。
書き始めてこれまで4年と4カ月になる。短いようで長いよう
で、千里の道も一歩からというが、自分としてはよく頑張って
いるじゃ〜ないかと、褒めてやりたい気分でもある。家人も
ロードバイクで世界一周40000Kmを目標に頑張っている。
現在20か月で2万Kmを越えたと言っていた。これは日本から
ブラジルまでの距離だという。千里どころか5千里ほども
走っているのだ。積み重ねとは凄いものだと改めて感心する。

喜寿まであと8年ほどあるからこのペースで書いていくとすると、
300話を越すことになるだろう。しかし、これには心身共に
健康で、という条件付きなのだ。これからはいつまでも薬いらず
医者知らずという訳にもいかないだろう。喜寿まで生きていると
いう保証などないのだから。毎日を忙しく立ち働いている私たち
は、これまでは病気をしなかったから、この先も健康でいられ
ると無意識の内に勘違いしているのかもしれない。と同時に、
ともすれば健康であることに感謝することを忘れている。

ボケるかもしれないし、手足が不自由になるかもしれない。
そうなると忙しくなくなるかわりに、働くことはおろか、
散歩も山登りもゴルフも体操もブログも出来なくなる。
現在の忙中に閑を求めて、物事をこなしていく日々が、
如何に幸せで貴重な時間を過ごしているかを感じずには
いられない。来年は直方ライオンズクラブ初の女性会長と
して今よりももっと忙しくなる。この部分が大きなウエイトを
占めるだろう。かと言って、これまでやってきたことを辞める
つもりはない。回数は減るかもしれないが続けていきたい。
それには健康面は当然のこと、時間の使い方にも工夫が必要と
なろう。

今は暑かった夏が終わり、秋真っ盛りである。食欲・スポーツ・
文化・読書と秋の頭に付く言葉を並べてみた。このところの
自分を振り返ってみると全部やっている。前回の諸九尼は
文化に属するかナ。とにかく文化はいつも重たく書きにくい
ものだ。次回は軽妙にスポーツでも書こうと考えている。
今回からナンバーを書き入れている。遠くまで来たことを
感じるために。
posted by ochiyo at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59169484

この記事へのトラックバック