2012年09月28日

偶然の出逢い 諸九尼(しょきゅうに)

20120927_1_shokyuni.jpg

名は勿論のこと、その存在すら知らなかった。偶然の為せる
業なのである。家人に送ってもらって所用で直方中央公民館を
訪ねた。20日の午後のことであった。用事を終わらせ車に
戻ると家人がいない。どこに行ったかと辺りを見回すと
デジカメ片手に花壇の雑草を引き抜いている。寄って行って
「何しとるん?」と声を掛けると「彼岸花が咲いているので、
写真を撮るために邪魔な草を抜いている」と答えた。この時は
何も感じないままお店に帰り、パソコンに写真を取り込んで
それを見せてもらった時であった。

彼岸花の後ろに御影石で出来た石碑があって、碑文に「世越捨亭
見類分別や  山さくら 諸九」(よをすてて みるふんべつや
やまざくら しょきゅう)と書かれてあった。原文ではこう
書かれているのかは判らない。興味が湧いてきて調べてみる
ことに。

有井諸九尼(1714〜1781)田主丸に生まれる。
江戸中期の俳人。同時期に「朝顔に つるべ取られて 
もらい水」の加賀の千代女がいる。人妻でありながら、俳人
有井湖白(後に浮風)と不義密通欠落ち(駆け落ち)し、
大阪・京都に住む。浮風と共に宗匠として俳諧に専念する。
「剃り捨てて 見れば芥や 秋の霜  諸九尼」。
諸九尼49歳。夫を亡くして剃髪し、名を諸九尼と改めた時の
句である。20年暮らしを共にしてきた愛しさと共に、
これから生きていく決意を芥(あくた)と表現した黒髪に
託している。夫 浮風61歳 京に没す。「つれもあり 
いまはの空の ほととぎす」を辞世の句として。

57歳の時、奥の細道(京都〜仙台、550里【2200Km】)
を5カ月余り掛けて単独で踏破。この旅の紀行を「秋かぜの記」
にまとめて刊行。夫浮風の17回忌をすませたあと、夫の
生まれ育った直方に移り住む。天明元年(1781年)9月
10日68歳で永眠。浮風と共に直方市山部の随専寺の比翼塚
に眠っている。「夢見るも 仕事のうちや 春の雨」が辞世の
句である。

随専寺はお店から御館橋を渡り10分ほどの距離にある。
地元の人によると、比翼塚と銀杏の黄葉で有名なお寺だそうだ。
私は年に2回はお寺を訪ね、住職の宮崎良寛先生にお会いして
いるのだが、行く時はいつも裏口から伺うので表の看板などは
見たことが無く、先生からもこの話を伺ったこともなかった。

20120927_2_shokyuni.jpg

翌日、時間があったので散歩がてら随専寺の比翼塚を見に行く
ことにした。歴史は知れば面白いもので、いつもは何気なく
渡っている御館橋も名の由来を知ると、いっぽ一歩踏みしめて
歩きたくなる。これは黒田長清公が妙見山の頂上にあった多賀
神社を現在の位置に移し、山頂(現・多賀公園)に直方城を
建てた。この頃の一国一城令により、城と呼べず御館(おたて)
と呼ばれた。名はここからきている。道路を下ると右手に雲心寺
がある。直方藩ゆかりの墓所があり、春の桜が見事である。
左へ曲がった右側に随専寺はある。諸九尼を説明した看板が
2枚あり、石段の右手には石柱もある。石段を登り山門を
くぐり本堂の左脇を通り抜け、墓地のある裏山へと入って行く。

両脇に古いお墓が並ぶ山道は4〜5mおきに落ち葉がかき集め
られて燃やされていた。看板には150mと書かれてあったが、
意外と遠く感じられて途中で見落としていないかと心配した
くらい、一番奥の突き当たりに、“比翼塚”はひっそりと佇んで
いた。思ったよりも簡素な墓でこれは弟子や縁りの人たちの手で
建立されたものだという。この名も男女の情愛が深いことを指す、
“比翼連理”からとったものであろう。お墓に向かって手を
合わせ、帰る道すがら諸九尼の人と形(なり)を思った。

20120927_3_shokyuni.jpg

生まれ育った田主丸を29歳の時に故郷と家族を捨てて、
68歳で直方で没するまで40年間一度も里帰りは出来な
かったであろう。年老いた両親も出奔した当時は健在であった
かもしれない。そうだとすれば親の葬式にも参列していない
ことになる。当時、不義密通は斬首に処されるほどの大罪で
ある。親不孝な自分を責めながら、それを打ち消すために
俳諧に打ち込んだのだろう。色んな思いの入り混じった、
悔恨の念が込められた句ではないのか。辞世の句ではなく、
何故、この俳句が碑文に選ばれたのかが判るような気がする。

これほどの情愛を浮風に捧げた諸九尼の生き様に、息苦しい
ほどの感嘆と自分にはない生き方に羨望すら覚える。
このような女性が300年前にこの地に生きていたのだ。
浮風と出逢っていなければ、田主丸の片田舎で平凡な一生を
送ったのかもしれない。男女の出逢いがこれ程までの波乱万丈
な人生になることを示す一例であろう。どちらの人生が良かっ
たのかは知る術もない。
posted by ochiyo at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おもしろい文章と感心しました。デジカメの写真に偶然撮られていた碑文から諸九尼と出会われたのですね。
小生も偶然の機会から[秋風記]を読むことになり、隋専寺まで比翼塚を拝みに行きました。花を供へ香を薫きおがむことくらいしかできませんが、何かせずにはをられない感動を貰ったと思っています。私は熊本市に住み、俳句をひねくっています。
Posted by 佐々木浩明 at 2013年02月02日 01:25
久しぶりのコメントに驚くやら感激しております。お店のお客様からもブログ見たョと、よく言われるのですが、コメントとなるとなかなか書いてもらえません。私の想像ですが、諸九尼でこのホームページがヒットしたのではないでしょうか。そうだとすると、諸九尼が仲を取り持った、熊本と直方の文化交流のキッカケにもなるのかもしれません。
俳句をされているとのこと。10月4日の”後日談 諸九尼”に詳しく書いておりますが、毎年、命日である9月10日に俳句大会が行われております。今では生まれ故郷の田主丸との文化交流も行われております。どうぞ、これを期に他のブログも読んでいただき、コメントをいただけましたなら励みになります。コメントへの返信が遅くなりましたが、お許しください。寒さがぶり返してまいりました。お体大切に俳諧にお励みください。
Posted by お千代 at 2013年02月06日 16:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58580591

この記事へのトラックバック