2009年03月25日

WBCについて

はっきり言って、私は野球オンチである。
野球の内容やルールなどはよく判らない。

その私が、昨日、今日と早朝にもかかわらず、WBCを
2日続けて見てしまった。家人に声をかけて解説付きの観戦で
ある。

昨日の準決勝、アメリカ戦は私なりに安心して見ていられた。
私が思うに、アメリカはベースボール発祥の地であるから世界一
強いんだろうと思うが、家人に言わせるとメジャーリーガーの
大部分は外国人が占めていて、今回のように16チームに分か
れて戦うとなると戦力が分散されてしまうという。
それにアメリカの選手は自分の野球を第一に考えていて、
超一流の選手は出ていないのだそうだ。体付きなんか見ても
絞ってきているようには見えなかった。

試合は松坂投手がホームランは打たれたものの、しっかり抑え
後のピッチャーもしっかり投げて完勝であった。
今大会、初スタメンし3安打と活躍した、川崎選手がインタ
ビューの中で「自分は試合に出てなくても皆と一緒にベンチの
中で戦っています」と言った言葉がスポーツマンらしく清々しく
感じた。

今日の決勝、韓国戦はハラハラドキドキの連続でした。
1点取ったら取り返されるの連続で9回裏、2アウトまで
3対2で勝っていたが土壇場で1点入れられ同点となり延長戦に
なってしまった。もし、このまま負けたならダルビッシュ投手は
辛いだろうなと思いながら見ていた。
延長10回の表にイチロー選手の劇的な2点タイムリーで
5対3と勝ち越し最後はダルビッシュ投手がバッターを三振に
しとめてゲームセット。WBC2連覇を達成したのだった。

イチロー選手は東京ラウンドの予選からずっと調子が上がらず、
本人は「ずっと谷でした。最後に山がきてよかった」と。
国民の皆が”世界のイチロー”がやってくれるであろうとの
期待を一身に受け相当なプレッシャーの中で闘い続けてきたので
あろう。結果を出せないまま終わる訳にはいかないと、最後の
最後になって世界のイチローが意地を見せてくれた。

今度のWBCを私なりに総括してみると、監督、コーチをはじめと
して選手達が自分達のやるべきことをしっかりやり、チャンスを
作り活かして、世界一を勝ち取ったと思う。書くのは簡単で
あるが、結果を出すことの難しさは私でも判る。

自分の仕事を顧みれば野球そのものである。ママが監督であり
コーチはマネージャー、女の子が選手である。中々、監督の思う
ような試合運びは出来てないと思うが、お客様に満足して
いただくために、創意工夫を凝らして、これからも営業に、
健康作りにも励んで頑張っていこうと。
今回の野球を見ていて思うことは結果を出すには常日頃の
努力の積み重ねが、いかに大事かが良く判りました。

野球はチームプレーのスポーツであり、イチロー選手が調子が
悪くても他の選手が頑張る。又、試合に出ていない選手や
スコアラー、ブルペンキャッチャーなど、映像に出てこない所
での頑張りと協力があったからこそ、今回の結果を生んだので
あろう。勿論、声を嗄らして応援を、し続けてくれた大勢の
皆さんの声援が励みになったのは間違いないところでしょう。
長い間、本当にお疲れさまでした。今夜は勝利の美酒に酔い
しれて肩の荷を降ろしてグッスリお休みください。

今回のブログは、私の最も不得手な分野で、家人の解説と
アドバイスを元に書きましたが、まず、野球用語がチンプン
カンプン、「スタメンちゃ何ね」「スターティングメンバー
たい」。「そりゃ何ね」。「最初から試合に出ている選手の
こったい」と漫才のような掛け合いで仕上げました。
暗いニュースが多い中、久し振りの明るい出来事であったと
思います。

最後に、常にクールでポーカーフェイスのイチロー選手が優勝が
決ってライトの守備から戻って来るとき、初めて笑顔をみせた
のがとても印象的でした。






posted by ochiyo at 15:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
私もWBCの決勝戦を見ましたが、イチロー選手のタイムリーには感動しました。一番おいしいところを持っていきましたね。侍ジャパンの優勝にケチつけるのではないですが16チームの内、中国、韓国、キュウバ、アメリカと4ヶ国としか当たってなく、韓国とは計5回も当たるといった、不思議な現象が起きてました。同一地域から1,2位が出たからこうなったのでしょうが、もう少しシステムに改良の余地ありではないかと思います。短期決戦故の難しさもあるでしょうが。自分自身を振り返れば、下の子の野球に7年間好きなゴルフを封印して付き合いました。大変でしたが今となっては良い想い出となっています。お陰で今では時々、息子とゴルフを一緒に楽しんでいます。ある時期に打ち込めるものをさせることは本人にとっても父親にとっても有意義な過ごし方だと思います。
Posted by dandylion at 2009年03月27日 22:27
dandylionさんへ

ブログに記したように私は野球オンチです。興味が無いから観戦したいとか野球を語る事もほとんどありません。ただ傍らで頷きながら聞くのみです。
何故、好きでないのか?小さな何でも無い事と笑われそうですが有るんですね。若い頃、日本シリーズ優勝チームのホテル内での祝賀模様をテレビで観ました。ビールの掛け合いです。初めて観たものですからビックリしました。直ぐにチャンネル変えました。あの光景が今でも脳裏に焼きついて・・あの時は何故か気持ちがひどく落ち込みました。この事を野球大好き人間に一度だけ話したら、当たり前の事。アメリカではシャンパン日本ではビールさ!と、一笑され乙女心が一層傷ついたものです。ビールのようなホロ苦い想い出が今も残っているのです。
これからは視野を広げて野球は勿論、苦手分野にチャレンジし、楽しむ事にします。
Posted by お千代 at 2009年04月08日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27869733

この記事へのトラックバック

wbc 延長 決勝
Excerpt: 第2回WBC=韓国を倒し日本が優勝(侍日本) WBCの韓国との優勝戦は・・・凄かったです!感動しました。午後1時からPC教室(エクセルの同好会)があったので、試合途中で出かけなければならなくて〜とて..
Weblog: 今日のきになるエンタメニュース
Tracked: 2009-03-26 05:16