2014年06月20日

五月雨イコール梅雨? No.128

DSCF9023 (800x600).jpg

 テレビの天気予報を見ていたら、今頃降る雨を「さみだれ」と言っていた。今日(6月17日)は旧暦で5月20日だとも。「さみだれ」の「さ」は田植えの古語で、古来の田植えの時期を意味し、「早苗(さなえ)」や「五月(さつき)」の「さ」と同語源である。「みだれ」は「水垂れ」で雨の意とある。

 一方、「梅雨(つゆ・ばいう)」の語源としては、この時期は梅の実が熟す頃であることからという説や、この時期は湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音の「梅雨」に転じたという説、この時期は「毎」日のように雨が降るから「梅」という字があてられたという説がある。この他に「梅霖(ばいりん)」や、旧暦で5月ごろであることに由来する「五月雨」、麦の実る頃であることに由来する「麦雨(ばくう)」などの別名がある。と書かれていた。 

 このことから「さみだれ」と「ばいう」は同義語であるというのが分かった。中国では、古くは「梅雨」と同音の「霉雨」という字が当てられており、「霉」はカビのことであり、日本の「黴雨」と同じ意味である。「梅雨」は中国から「ばいう」として伝わり、江戸時代のころより「つゆ」と呼ばれるようになった。、それまでは「さみだれ」の言葉を使っていたのであろうか。松尾芭蕉の「奥の細道」に収録されている「五月雨を あつめて早し 最上川」は、元禄2年(1689年)5月に詠まれている。また、”日本歳時記(1688年編纂)には「此の月 淫雨ふる これを梅雨と名づく」とあり、こちらの「つゆ」が芭蕉の「さみだれ」よりも1年早いことになる。「つゆ」という言葉自体がまだ世間に浸透してなく、季語としても使われてなかったのかもしれない。

毎年のようにこの時期になると「つゆ」に関連したことを書いている。「6月の花嫁(ジューンブライド)」や「梅雨入りと千恵子抄」や「アジサイ」のことを書いている。結構アカデミックな内容になっている。書き方としては、タイトルが決まるとそれに関連した内容を知るために、検索を掛け「Wikipedia]などから参考になる個所を抜出し文を構成していく。実際のところ知らないことだらけである。全てコピペにするとそれは盗作以外なにものでもない文章となってしまうので、それに対しての自分の思いや考えを添えていく。「講釈師 見てきたような 嘘を言い」はこのインターネットの時代には通用しませんから、このような文献を頼りにして書いています。公式文書でもありませんから70過ぎのオバンの手慰みとお許しください。

 梅雨の時期になると我が家では毎年行っていることがある。庭木の手入れと梅酒造りである。去年は5Kgほども採れたのであるが、今年はその半分ほどしか採れなかった。その代り、お店の常連さんに8Kgほども頂いたので沢山の梅酒を造ることができました。もう一つは、ドクダミ草を摘んで水洗い・陰干し・乾燥させた後に、小さく刻んでドクダミ茶を作るのである。また、花は別にとっておき、焼酎に漬け化粧水として使うのである。今年はアロエでもこれを作るつもりです。これには訳があって、庭木の手入れは家人の担当なのですが、毎年、山茶花につく毛虫にやられて手足を真っ赤に腫らすのです。今年なんか「いつもやられるから殺虫剤を撒いてから作業しよう」と薬を撒きに行ってやられる始末。完全武装で構えていてこれだから、どちらが弱いのか強いのかよく判りません。病院に行きたがらない植木屋さんにせめてアロエで作った化粧水を使ってもらって、痒みを和らげてほしいと思っています。人相が悪い・根性が悪い山賊のオッサンでも三分の毛虫にやられるんですもん。私(頑丈な皮膚の鉄面皮)なら「亭主の仇、捻りつぶしてくれるのに」と思うのですが、ワタクシ出事と食べ事を担当しておりますので、虫も殺せませんの。悪しからず。ウフッ!!

.. .. 
posted by ochiyo at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100090597

この記事へのトラックバック