2014年07月23日

海の日に山へ No.130

DSCF9055.JPG

 連休の21日に10カ月ぶりに鷹取山に登った。6月一杯でライオンズの会長職も終わり、残務整理も一段落した頃の久しぶりの連休であったから、有効活用しようと、最近できなかった山登りに行こうとなった。前夜は家人とゴルフの全英オープンを見たために、寝るのが夜中の2時を大幅に過ぎてしまった。

 12時出発の予定で10時起床である。弁当の準備は全部貴方任せ。私は自分の日焼け対策だけをやればいい。登山靴もチャンとベランダに干してある。弁当におかずと飲み物をリュックに詰め込む段になって、自分の分は自分のリュックに詰め込むのが普通であろうが、飲み物は重いのでチャッカリ彼のリュックへ引っ越し。戸締りを確認してイザ出発。

 約40分ほどで福智山ダムの駐車場に到着。いつもであれば下の内が磯ダムの駐車場に停めるのであるが、久し振りというのもあって上の駐車場である。登山道に入って気が付いたのであるが、足元が妙に悪いのである。一つには森林業者がヒノキの伐採を行っていて、そこここに丸太が積み上げてある。その材木を運搬するための重機のキャタピラーで道路が泥んこなのだ。それに平地では全く雨は降ってないのに、山だけ降ったのであろうか、普段はせせらぎなのに水の流れが激しい。搬出路の近くは足の踏み場もないほど荒れていて、靴が泥だらけになってしまった。

 薙野の休憩所までは足が重かった。完全に体が登山のことを忘れている。休憩所に到着。
4月9日にベンチの設置作業で登って以来だから、もう3カ月にもなる。ピカピカだったテーブル・ベンチも風雨に晒されて少しくすんで見える。イタズラ書きなどを心配して来たが無用であった。タオルで埃などを拭き上げる。可愛い我が子のようなものだ。特別の愛着がある。ここに登って来る度に、私が直方ライオンズクラブの会長として手掛けた事業を思い出すであろう。私が元気で山登り出来る間は作り変えることもないだろう。休憩所を出て雨で湿った滑りやすい急坂を注意しながら通り過ぎ、熊笹を過ぎれば上野越えだ。この交差点を左折すれば福智山、直進は上野焼の里、右に曲がれば10分で鷹取山山頂である。ここまでは先導されて待ってもらいながら登って来るのであるが、ここから山頂までは私が先頭になって登っていくのが恒例となっている。先陣切って一番乗りを目指している訳でもないし、婦唱夫随を自慢したい訳でもないのに。案外、急坂をカメさんで登るのが格好悪いのでここでエエ恰好(格好とも書く)するために頑張っているのかも。

 山頂に到着。早速、礎石に腰かけてお弁当を開く。私から味付けが「辛い」と言われるのが嫌で気を使って作ってくれるせいか、オニギリもおかずも頃合いの味加減である。オニギリを頬張りながらの会話。「今年はまだ鶯の鳴き声を聞いたことがないのョ」「それは貴女が忙し過ぎて耳を傾ける余裕がなかったからですョ」とピシャリ。毎年、我が家の庭で聞いているウグイスの鳴き声は、最初は「ホ〜」後を早よう続けんかいと、叱咤激励したくなるほど音痴なのに、師匠の教え宜しく訓練を経て「ホーホケキョ」と上手にさえずるようになった鳴き声を聞くと、「いずこのアヤメ カキツバタ?」「華人?深窓の麗人?」などと、声はすれども姿は見えぬ相手に対して、艶やかな見返り美人を想像してしまう。

空を見上げると精霊トンボと呼ばれる赤とんぼが沢山飛んでいる。周りに目を凝らすとモンシロチョウや揚羽蝶も飛んでいる。耳を凝らすとチーチーゼミや油蝉の声も聞こえてくる。最近の私にはこのような自然現象が、見聞できないほど忙しかったのか。今更ながらヘレンケラー女史の「見える目を持ち、聞く耳を持ち・・・」という言葉が思い出される。山頂で写した写真をパソコンに取り込んで見てみると、気のせいか顔が丸く写っている。密かにヘルスメーターにソッと乗ると、ゲゲッ、体重が?Kg増えているではないか。この暑い夏場に食欲旺盛だったもんな〜。これ位で済んだことをヨシとしなければ。

posted by ochiyo at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記